ゼロからの仮想通貨

仮想通貨FXやるなら海外業者がおすすめの理由

 

2019年の4月になってチャートが急上昇したことで、またもや注目を浴びている仮想通貨市場。

 

ここから大きな利益を上げるためには、しっかりとした市場分析と取引方法の選択肢が求められます。

 

仮想通貨FXで海外業者を選択する一番の理由として「ゼロカット」があげられます。

 

 

ゼロカットとは仮想通貨FXにおけるローリスクな投資方式

 

まず、ゼロカットとは何のことかを説明します。ゼロカットは、仮想通貨FXにおける投資方式です。仮想通貨FXでは、証拠金を出すことで元手の数倍以上の投資が可能になります。

 

元手がないと大きな投資ができない市場においては、大きくレバレッジを利かせられるは大きな利点です。

 

ただし、当然リスクも大きくなります。元手以上のお金を動かす取引においては、結果次第で借金を抱える可能性があるのです。

 

余裕のある範囲で元手を投資しても、元金以上の出費になると大変なことに。

 

そんな状況下で注目を浴びているのが、ゼロカット制度です。

 

ゼロカット制度はレバレッジを利かせながら、口座残高がマイナスになってもリセットがされる方式になります。

 

例えば、元手10倍以上の取引をしたと仮定します。

 

当然チャートがマイナスになれば元手を大きく超える負債を抱えるリスクがありますが、ゼロカットではマイナス分がリセットされることに。

 

マイナス分は取引所が補填してくれるルールなので、安心してレバレッジが利かせられます。

 

また、通常のロスカットにおける不安もありません。

 

損益が大きくなると強制的に取引がなされる強制ロスカットですが、チャートの動きが早いと時間が掛かり、想定以上の負債を生んでしまいます。

 

ゼロカットはそもそもレバレッジ分のマイナス自体がリセットされるので、想定を超える負債も出てこないのが大きいです。リスクの高いレバレッジ取引を安心してできるという形が、ゼロカットの最大の特徴になります。

 

 

海外の業者がオススメになる

 

大きな魅力のあるゼロカットですが、このサービスを実施しているのは海外業者になります。

 

つまり、仮想通貨FXで投資をするなら、海外の業者を介すのがおすすめです。

 

もちろん、しっかりと業者のチェックをしなければなりません。仮想通貨関連の事業は、ICOを始めとして詐欺や嘘がはびこっています。

 

海外の場合は騙す目的の投資話が多く、安全が保証されているかに関しても必ず確認しましょう。