日本肥満学会の基準をチェックしてダイエット

自分が肥満かどうか気になる方は多くいらっしゃいます。
肥満という状態は日本肥満学会によるとBMIという値によってわかります。
日本肥満学会では体重や身長を使って算出するBMIが22を標準としていて、その値が25を超えた方は肥満ということになっています。
まず自分が本当の肥満かどうか調べたいという方はこの日本肥満学会の提唱するBMIの値をチェックすることから始めましょう。

またこうした肥満は見た目でかなり脂肪がついていると判断できる場合もあれば、内蔵に脂肪がついている隠れ肥満というケースもあります。
いずれも肥満をそのままにしておくと審美性の問題だけでなく、生活習慣病などになりやすいリスクが高まりますからダイエットをして脂肪を減らす努力をしなければなりません。
ダイエットをしてもなかなかサイズダウンしないパーツにヒップがあります。
ヒップにはセルライトという脂肪がつきやすくなかなかサイズダウンが難しいパーツとなっています。
セルライトとは冷たく冷え切った脂肪の塊で肥大していくときに周辺の毛細血管などの組織を巻き込んでいくので、運動をしても血行が良くなりにくく燃焼しにくいという
問題があります。
ダイエットを効果的に行ってヒップのサイズダウンを図るためには有酸素運動が効果的です。
特に20分以上有酸素運動を続けたところで脂肪の燃焼が始まりますので、ダイエットを目指す際には20分以上のウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れるのがおすすめです。
ダイエットに成功することができれば見た目の美しさや若々しさだけでなく、病気になりにくい健康的な体も手に入れることになりますので、自分にあった無理のない方法でダイエットをしましょう。