低炭水化物ダイエットで健康的に体質改善

低炭水化物ダイエットをすると、体と頭の働きがクリアになります。
炭水化物は栄養の分類からすると糖質で、腸内のマルターゼという酵素によってブドウ糖に変換されます。そして血液の中に入ってエネルギーとして使われます。
食べた時には甘く感じませんが、砂糖などと同じブドウ糖の仲間です。
日本人の1日の平均糖質摂取量は300gと言われており、角砂糖(1個4g)で考えると75個分を摂っていることになります。食べた時には甘くありませんが、お米であればでんぷんという形で変装しているから口で見分けられないだけです。
低炭水化物ダイエットは、1日の炭水化物を60gに抑えます。1/5の摂取量に抑えるということです。
これだけの量を減らさなければならないと考えると大変そうですが、肉、魚、卵、野菜、などをメインの食事にすれば案外簡単です。
なぜ低炭水化物ダイエットが効果的かというと、脂肪の元になる糖質の摂取量を減らすからです。口から入った糖質は、小腸に達するとブドウ糖に変わるということは前述しました。この後何が体の中で起きているかというと、血液中のブドウ糖を回収するために、膵臓からインスリンが放出されます。インスリンは筋肉のグリコーゲンにブドウ糖を貯蔵してエネルギーにするなどの働きがありますが、さらに量が多くなると脂肪細胞に貯蔵しはじめて体の脂肪を増やしてしまいます。
肥満体質改善のためには、糖質の量を少なくするのが手っ取り早いということです。
また、インスリンは血中のブドウ糖を一気に少なくしてしまうこともあり、そうすると脳がエネルギー不足に陥って眠くなったりだるくなることもあります。こういった頭の体質改善のためにも、低炭水化物は有効です。
低炭水化物ダイエットで体質改善すれば、頭も体もすっきりすることが出来ます。